いつか逢おうよ、父ちゃん

―漁船海難遺児と母の文集

漁船海難遺児育英会 編

「父さん、私たちも大きくなりました。いつか一緒にお酒でも飲みながら、あの日からのことを話しましょう...」 父を失った悲しみは、いまも癒されることはない。しかし、子供たちは母を助け、家族と共に力強く生きていく。漁船海難遺児育英会設立30年。改めて海難事故の根絶と、残された家族の幸せを願って、海に眠る人々に捧げる文集。

書籍データ

発行年月 2001年8月
判型 四六
ページ数 240ページ
定価 本体1,200円+税
ISBNコード 978-4-303-63691-3

amazon 7net