デジタルIC回路の実用設計法

from TTL to PLD

大森学 著

デジタルIC回路の設計を、応用面に重点を置いて、TTLからPLDまで一貫した流れに従って理解できるように記述した。デジタルICの使い方はもとより、IC内部の回路設計の考え方も把握できるよう配慮している。

書籍データ

発行年月 1991年11月
判型 A5
ページ数 208ページ
定価 本体2,524円+税
ISBNコード 978-4-303-72280-7