ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

海文堂出版図書目録 2018

74その他(情報)情報は誰のものか―農業、医療、エネルギー、オープンガバメント、ダイバーシティとIT―独立行政法人情報処理推進機構「情報は誰のものか」編集委員会編四六・160頁・定価(本体1,400円+税)ISBN978-4-303-73394-0日本が抱える様々な経済・社会的課題をITの活用によって解決することを目的として情報処理推進機構が産官学のメンバーで立ち上げた「社会課題ソリューション研究会」の成果をまとめた。各分野で、IT、インターネットによってどんな革新的な展開が始まっているのか、多くの実例を示すとともに、将来の方向性も示唆する。日本図書館協会選定図書Linux情報戦略―考えかたとテクニック澤田秀樹著A5・160頁・定価(本体2,000円+税)ISBN978-4-303-73469-5ITが成熟期を迎えつつある現在、「自分の情報は自分で管理」できることが重要である。本書は著者の長年にわたるLinuxサーバの管理・運用経験をもとに、コンピュータシステムとネットワークを「戦略的」に運用するための考えかた、前提となる知識、実際の運用ノウハウを、コンパクトに解説する。情報管理の基礎知識【2訂版】情報文化入門田中功著A5・144頁・定価(本体1,800円+税)ISBN978-4-303-72741-3IT時代に即した情報の収集から加工、検索を経て活用までの情報管理を習得することを目的とする。多数の大学・短大で教科書として採用され、初版発行以来10年で10版を数えた前著を全面改訂。【目次】情報と情報管理/一次資料/二次資料/情報の加工/データベース/シソーラス/様々な検索の実際/検索結果の評価/著作権片方善治・今井賢著A5・128頁・定価(本体1,500円+税)ISBN978-4-303-73100-7情報科学と文化科学の融合であり、情報と文化のかかわりを研究する新しい学際的学問領域である「情報文化」の入門書。ドーキンスのミーム、マクルーハンのメディア論、カルチャーウェアなどを通して「情報文化」を考える。