ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

海文堂出版図書目録 2017

86理工学(機械)文系のための資源・エネルギーと環境池田良穂著A5・160頁・定価(本体1,800円+税)ISBN978-4-303-56220-5エネルギービジョン―地球温暖化抑制のシナリオ―湯原哲夫・氏田博士編著A5・208頁・定価(本体2,500円+税)ISBN978-4-303-56210-6エネルギーとは何かから始まり、日本のエネルギー事情について理解を深め、持続可能なエネルギー利用と環境について学ぶことができる。文系の学生に、また一般社会人にも、正確な科学知識を、できるだけ数式は使わずに、わかりやすく伝える。コラムも充実し、多数のイラストや写真を使って、やさしく解説した入門書。地球温暖化の抑制に向けて、1世界で共有するCO 2排出曲線を新しいシナリオに基づいて設定し、2その制約下でコスト・ミニマムを基本とする世界全体最適化による各地域・国のCO 2排出とエネルギー構成を定め、3投資とメリットのバランスに配慮しつつ、そのエネルギー構成を実現させる国際協力の仕組みについて提案する。(フルカラー)日本図書館協会選定図書地域分散エネルギー技術OD版エネルギ技術者の熱流体トレーニングSMART研究会編A5・212頁・定価(本体2,500円+税)ISBN978-4-303-01018-8刑部真弘著A5・144頁・定価(本体2,000円+税)ISBN978-4-303-32912-9自然エネルギーと分散電源システムの普及を目指すSMART(SMall AdvancedRegional-energyTechnology)構想の基盤となる省エネ、コージェネレーション(熱電併給)、マイクログリッドおよびITなどの技術を解説するとともに、電力規制緩和および防災と復災への役割などについての展望と期待を述べる。怪しい浮力利用永久機関、衛星写真に写る巨大カルマン渦、サメ(鮫)肌の秘密、うがいのメカニズムと原子炉事故、沸騰と日本刀との関係、汚れの伝熱促進、減圧沸騰と特異な臨界流、排ガス中に潜む膨大な熱の回収などを題材として、熱流体現象についての「考え方」を一つ一つ示しながら、熱流体工学の基礎全般を解説。