ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

海文堂出版図書目録 2017

118その他(音声・聴覚)聴覚過敏―仕組みと診断そして治療法―D.M.バグリー・G.アンダーソン著/中川辰雄訳A5・176頁・定価(本体3,500円+税)ISBN978-4-303-61070-8自閉症やADHD、PTSDとの関連でも注目を集めている聴覚過敏について正面から扱った唯一の書籍。人生の質に大きな影響を与えるこの症状に悩む患者さんを援助しようとしている学生や現場の臨床家に、包括的・実践的な情報を与えてくれる。専門家以外の読者のために、注釈およびさらに詳しい解説が訳者により加えられている。臨床家のためのデジタル補聴器入門テオドアH.ベネマ著/中川辰雄訳B5・254頁・定価(本体3,600円+税)ISBN978-4-303-61060-9現場の臨床家、言語聴覚士や補聴器技能者を目指している学生を対象に、聴覚の生理・病理から始まり、音響学、音声科学、音響心理学の知識を総動員して、核心となるデジタル補聴器やコンプレッション、フィッティングまでを丁寧に解説。よい聞こえのために―難聴と補聴器についてC.エルバリング他著/加我君孝監修オーティコン「よい聞こえのために」プロジェクトチーム訳A5・144頁・定価(本体1,800円+税)ISBN978-4-303-61050-0聞こえや難聴、補聴器について、一般読者を対象に、豊富な図と写真を用いて、多くの情報を盛り込んだ。聴覚の仕組み、聴力検査とは何か、難聴の種類と障害を受けやすい部位、日常生活への影響、補聴器の仕組みなどが理解できる。言語聴覚士の音響学入門(CD付き)吉田友敬著A5・208頁・定価(本体2,600円+税)ISBN978-4-303-61040-1リハビリ専門職などを目指す学生向けのコンパクトな教科書。物理や微積分の基本的知識を持たない読者を前提に、高度な数学を使わずに音声・聴覚分野の立ち入った部分までを解説。本文で扱うさまざまな音響的現象を収めたCDを添付。