ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play

概要

海文堂出版図書目録 2017

経営・管理(品質・安全管理)101Safety-I&Safety-II―安全マネジメントの過去と未来―エリック・ホルナゲル著/北村正晴・小松原明哲監訳A5・216頁・定価(本体2,700円+税)ISBN978-4-303-72985-1システム安全学―文理融合の新たな専門知―柚原直弘・氏田博士共著A5・472頁・定価(本体3,600円+税)ISBN978-4-303-72983-7現代の社会技術システムで生じる事故やトラブルは、危険やリスクにつながる要因を取り除くという従来の方策(Safety-Ⅰ)だけでは避けきれない。「うまくいかなくなる可能性を持つこと」を取り除くのではなく、「うまくいくこと」の理由を調べ、それが起こる可能性を増大させる安全方策であるSafety-Ⅱの必要性を解説。さまざまな分野における安全の実現・確保および安全問題の解決に共通に適用できる普遍性のある思想や諸概念、原理(考え方の道筋)、原則、方法・方法論、基礎事項、手法などを、一般化の観点に立って知識の体系として提供し、分野を問わない安全の専門家(safety professional)を育てる「システム安全学」を提唱する。日本図書館協会選定図書経営・管理ヒューマンエラー【完訳版】ジェームズ・リーズン著十亀洋訳A5・384頁・定価(本体3,600円+税)ISBN978-4-303-72981-3事故調査のための口述聴取法仲村彰著A5・128頁・定価(本体1,600円+税)ISBN978-4-303-72979-0安全マネジメントの分野に絶大な影響を与えたリーズンの「HUMAN ERROR」、待望の完訳版。ヒューマンエラーを分類し、その発生メカニズムを理論付け、検出を論じる。そしてケーススタディを通じて「潜在性のエラー」こそ、最優先で取り組むべき課題であることを明らかにする。スイスチーズ・モデルの原点がここにある。日本図書館協会選定図書同様な事故の再発を防止するために行われる安全目的の事故調査において重要な役割を担う口述聴取について、理論から、実際にどのように行うべきかという実践(聴取対象者の持つ記憶からできるだけ正確かつ多くの情報を引き出す技術)まで、体系的に述べたはじめての本。広い分野で実践的なガイドブックとして利用できる。