船と風にまつわる言葉たち

荒川 博 著

「八点鐘」「風の伯爵夫人」「神の通り道」「鱈の頭、鯖の尻尾」など、船、海、風についてさりげなく語る、ちょっと潮気のきいた17編のエッセイ。練習船でのマンボウ捕獲作戦、日本丸が遭遇した核実験、キャプテン・クック記念碑の訪問、帆船での風の捉え方など、「海王丸」の元船長である著者ならではの挿話が興味深い。

書籍データ

発行年月 2007年12月
判型 四六
ページ数 152ページ
定価 本体1,300円+税
ISBNコード 978-4-303-63435-3

amazon

目次

1 ハリバ
  ~オヒョウは肝油のもと
2 八点鐘
  ~さあ当直交代だ
3 猪牙船
  ~といえば山谷堀から吉原へ
4 風の伯爵夫人
  ~美しい雲と女性は敬遠
5 風と帆船
  ~機能美の極み
6 神の通り道
  ~ハワイの小さな英国領土
7 風通し
  ~良いか悪いか猫に問え
8 風が立つ、風に立てる
  ~ガイアの息吹き
9 鱈の頭、鯖の尻尾
  ~真追風は要注意
10 蓼食う虫も好きずき
  ~船食虫は木船の大敵
11 それは古い
  ~温故知新
12 風船
  ~花間を飛んで高からず
13 江戸風鈴
  ~風を連れて路地裏へ
14 雨風食堂
  ~何でもあり
15 頭が悪い
  ~一歩前進、橈立て帽ふれ
16 棹・櫂は三年、櫓は三月
  ~舟は櫓でやる、櫓は歌でやる
17 射手の左方から吹く風
  ~アナログも捨てたものではない